身体の機能を正常に保つために欠かせないビタミン類が豊富に含まれています。

MENU

モリンガに含まれている栄養成分…ビタミン類

ビタミンA

脂溶性ビタミンの一つであるビタミンAは、体内に摂取されると、レチノール・レチナール・レチノイン酸に変化して、皮膚や粘膜、視覚の働きを正常な状態に保つといった身体を健康に維持する為の働きをします。

 

ビタミンAが不足すると、

  • 視覚障害
  • 視力低下
  • 皮膚や粘膜の乾燥

などがおこります。

 

ビタミンAは、ニンジン、ホウレンソウ、ブロッコリー、小松菜、トマトなどの緑黄色野菜、牛、豚、鶏のレバーなどの動物性食品、ウナギ、アナゴ、ウニなどの魚介類、バター、チーズ、牛乳などの乳製品に含まれています。

 

 

ビタミンE

脂溶性ビタミンの一つであるビタミンEには、抗酸化作用がある為、体内にある細胞の酸化を妨げ、血管を良好な状態に保つ働きがあります。

 

その為、心筋梗塞、脳卒中などの血液と血管の老化によって発症する生活習慣病を予防する効果がある他、血液の循環が良くなるので、冷え性や肩こりなどの改善にも役立ちます。

 

ビタミンEは、ひまわり油、リーブオイル、キャノーラ油などの植物性の油、アーモンドなどナッツ類、煎茶、唐辛子、スジコ、キャビアなどの魚介類、アボガド、モロヘイヤ、カボチャなどの野菜類に含まれています。

 

 

ビタミンK

ビタミンKも、脂溶性ビタミンの一つで、食品に含まれているものと、人間の体内で腸内細菌によって作られるものがあり、骨や動脈を健康な状態に保つ働きをします。

 

ビタミンKが不足すると、

  • 血液を凝固する働きが低下する
  • 骨粗しょう症

などの原因になります。

 

ビタミンKは、納豆に多く含まれている他、ワカメ、シソの葉、緑茶などにも含まれています。

 

 

ビタミンB群

水溶性ビタミンであるビタミンB群は、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類のビタミンのことで、それぞれが補い合うことで効果を発揮するビタミンです。

 

  • 成長促進
  • 疲労回復
  • 皮膚や粘膜を正常な状態に保つ
  • 身体の代謝を促す効果
  • 酵素の働きを助ける効果

があります。

 

ビタミンB群は、大豆、魚介類、レバー、乳製品、緑黄色野菜、酵母などに含まれています。

 

モリンガにはビタミンの他にもアミノ酸なども含まれています。