モリンガのサプリは、含有量などで効果に違いがあるので、お茶や粉末で摂取するのが良いです。

MENU

サプリ・お茶・粉末…効果は違う?

昨今、健康食品として人気のモリンガや青汁などもサプリメントや粉末など体に良い成分を摂取しやすいように工夫され、販売されています。

 

モリンガパウダーや青汁のケースで、サプリ、お茶、粉末などでの効果をみていくとモリンガ茶やモリンガパウダーもモリンガの効果が十分成果があると考えられていて、モリンガパウダーなどの粉末は、モリンガを直接粉末状などにした物が多く、保存が効き効果としてもモリンガの成分を殺さず、摂取出来るおすすめの方法と言えます。

 

また、モリンガ茶などの飲み方によって、効果の差が出るということはありませんが、高温などで栄養成分が分解されてしまうことはあるようなので温度調節には気をつけた方が良いようです。

 

タブレット状(錠剤)などのサプリメントでは、含有量などの表記でも1つ1つの成分の数字が違うように、効果の違いが出るそうなのでお茶や粉末などで摂取するのが栄養成分的には良いそうです。

 

 

青汁についてみると粉末タイプの青汁には2種類あります。

顆粒状の物フリーズドライタイプの物です。

 

顆粒状の物は、青汁を絞って乾燥させたものですが保存が効くという利点と栄養成分も液体の青汁と殆ど同じです。

 

フリーズドライタイプ

真空にして乾燥させることで高温処理をしていないので栄養素が高く、ビタミン類も壊されずに保存にも良いと言えます。

 

サプリメントなどの錠剤タイプ

含まれている栄養素が低く、粉末状と比べて同じ量を摂取しようとすると1日に30粒くらい服用しないといけないようです。

 

こういった方法は現実的と言えないので、青汁に関しては粉末状の物かフリーズドライタイプの物で摂取すると効果もそう変わらず良いかと思います。

 

このようにモリンガも青汁の場合もサプリ・お茶・粉末で効果は違うと言え、効果としてもおすすめ順として、粉末やその粉末などから作るお茶。
その次にサプリメントなどの錠剤やタブレットという順番かと思います。