人間の体内で作ることのできない9種類のミネラルが含まれています。

MENU

モリンガに含まるミネラル

人間の体内にあり、身体を維持する為に必要なミネラルは、ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素ですが、モリンガはそのうちナトリウム、カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガンといった9種類のミネラルを含んでいます

 

 

ナトリウム

ナトリウムは、

  • 体内の水分量を調整する
  • 酸を中和して血液の状態を弱アルカリ性に保つ
  • 筋肉を正常な状態に保つ
  • 栄養素の吸収を助ける

という働きをします。

 

ナトリウムが不足すると、倦怠感や疲労感を感じあり、過激な運動によって汗をかき、急激にナトリウムが減少すると、筋肉のけいれんを起こしたりします。

 

 

カルシウム

カルシウムは、ミネラルの中で、最も多く体内に存在する成分で、そのほとんどが骨や歯を構成している他、血液を凝固させる働きや神経の興奮を抑える働き、筋肉の収縮を調整する働きをします。

 

カルシウムが減少すると、

  • 骨粗しょう症
  • 骨難化症などの骨の質が低下して発症する病気
  • 高血圧
  • 動脈硬化などの心臓や血管が正常に収縮しなくなるために発症する病気
  • 神経の調節がうまくいかなくなるためにストレスが生じる

といったような現象がおきます。

 

カルシウムの吸収を促すビタミンD、ミネラルの吸収を促す有機酸と一緒に摂取すると、効率よく体内にカルシウムを取り込むことができます。

 

 

リン

リンは、骨や歯を作るという働きの他に、エネルギーを作り出す働き、細胞間の情報を伝える働きをしています。

 

 

鉄は血液中にあって、

  • 血液が体内に酸素を運ぶ働きを補い代謝を活発にさせる働き
  • コラーゲンの生成を助ける
  • 筋肉の質を良くするなどの働き

があり、

 

不足すると、

  • 貧血になる
  • 筋力が低下する
  • 口内炎ができる

などの現象がおきます。

 

 

カリウム

カリウムは、ナトリウムとバランスをとり合って、血圧を調整する働き、筋肉を収縮する働きをしています。

 

カリウムが不足すると、

  • 高血圧
  • むくみな

どが発症します。

 

モリンガに含まる栄養成分には、ポリフェノールアミノ酸ビタミン類などもあります。