モリンガは土壌の改良に、高級化粧品の材料、浄水効果などがあり、優れた栄養成分が豊富に含まれているサプリメントが注目されている

MENU

モリンガの栄養成分

生命の木と呼ばれるモリンガには、驚くべき栄養成分が豊富に含まれています。

 

キャバ

ギャバはアミノ酸の一種で、副交感神経を活発にし、ストレスからくる自律神経の乱れを調節しリラックス効果があります。
また、アドレナリンの分泌を抑制し、興奮を抑えます。
ギャバは、コレステロールや中性脂肪の増加を抑制することから、動脈硬化を予防し、また血圧を下げる効果もあり生活習慣病の心筋梗塞や、脳梗塞のどの予防効果があります。
モリンガには、ギャバが最も多く含まれると言われる発芽玄米と比べても、葉の中には数倍も含まれています。

 

 

ポリフェノール

ポリフェノールは強い抗酸化作用があり、活性酸素による老化や、生活習慣病の予防をします。

 

モリンガの葉には、多くのポリフェノールが含まれ100gに2200mgも含まれています。
フレンチパラドックスの要因でもある赤ワインの約7倍も含まれてます。

 

 

アミノ酸

モリンガには19種類ものアミノ酸が含まれています。

 

必須アミノ酸は食品からしか摂取することが出来ません。
近年の食生活の欧米化より、肉などを多く食べるようになりがちですが、植物性のアミノ酸を摂る方が理想的です。
生活の乱れなどから、体内で生成されるアミノ酸、非必須アミノ酸も不足しがちです。
モリンガには19種類のアミノ酸を含んでいるため、不足しているアミノ酸の補給がでいます。
また其の含有量もタマゴのような、優秀なアミノ酸を多く含む食品と比べても多く含まれています。

 

モリンガを調理に使う場合には、多く含まれるグルタミン酸から、うまみがでるためにおいしい料理になります。

 

 

ビタミン類

モリンガには多くのビタミンが含まれ、抗酸化作用のあるビタミンE、ビタミンA、骨を強くするビタミンK、代謝を助け、健康を保つビタミンB群、葉酸も豊富に含んでいます。

 

 

ミネラル

モリンガには、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄と言った、成長などには欠かせないミネラルを含んでいます。

 

 

食物繊維

モリンガには腸内の環境を整え、便秘の解消などに欠かせない食物繊維を含んでいます。

 

モリンガは、食品としても優れていますが、土壌の改良剤、浄水効果、種子からとれる油は高級化粧品にも使われ本当に捨てるところがない、まさに生命の木の名前にふさわしい、木です。
サプリ等で、いろいろな総合ビタミン剤などがありますが、モリンガは総合的に優れた健康補助食品と言えます。