少しヨーグルトを加えることで、まろやかな味になり、青臭さを感じなくなります。

MENU

モリンガと相性のいい成分

モリンガは北インドや東南アジアで栽培されていて体に良い栄養素が豊富なことから、お茶やパウダー、サプリメントなどでも人気の商品になっています。

 

モリンガに含まれている成分には、ビタミン、カルシウム、ミネラル、鉄分、亜鉛、カリウム、ポリフェノール、マグネシウム、ナトリウム、食物繊維などがあります。

 

 

このモリンガと相性のいい成分を紹介しようと思います。

タブレット(錠剤)などのサプリメントでなければ、モリンガパウダーだけだと青臭さを感じることがあります。
モリンガレシピでもご紹介していますが、青臭さを消すには飲み物だとスムージーなどにするのがおすすめで、牛乳やヨーグルト、豆乳などが相性が良いです。

 

 

ヨーグルトなどと一緒に摂取することで、乳酸菌との相性もいいことから、腸内の善玉菌が増え、悪玉菌を減らすことで腸内環境の改善効果も見込めます。

 

腸に細菌やウイルスが侵入することを防ぐことにより、便秘改善などにも繋がりますし、便秘改善が結果的に体の代謝を促し血液もサラサラになり、肌などの美肌効果にも繋がります。

 

前日したように、既にモリンガ自体に豊富過ぎるといっても良いほど体に良い栄養素があるので、成分としては何かと合わせて飲んだり、食べたりしなくても良いと思われますが美味しく継続して摂取するにはモリンガと相性の良い物と摂取すると良いと思います。

 

なので、牛乳やヨーグルト、豆乳の中で、モリンガと相性のいい成分として乳酸菌のヨーグルトをおすすめします。

 

パウダーっぽさや緑黄色野菜系の匂い、味が苦手な方にもスムージーやパスタ、他の料理にも少しヨーグルトを加えることで、まろやかになり、青臭さも消してごまかしてくれます。