効果、効能の表記ばかりが目立つサイトやショップでの購入には注意が必要です。

MENU

様々あるモリンガ茶の選び方

モリンガパウダーをスムージーにしたり、料理に入れたりすることで摂取する方法もありますが、モリンガ茶として飲むという方法も継続して摂取するおすすめの方法です。

 

モリンガ茶もたくさんのメーカーなどから出ていますが、おすすめのモリンガ茶の選び方などをみていこうと思います。

 

モリンガ茶を選ぶ際に注目したいのが、
■栄養成分
■加工方法
■栽培方法
■配合量
などがあります。

 

栽培方法では、農薬を使っていないかなど。加工方法では、どのような製造工程かまでを調べるのは難しいですが国内製品なのか海外製品なのかなどと共に、製造先が信用出来る所かなどを調べることは可能です。

 

栄養成分では、モリンガの栄養成分分析成績書などを見るようにし、配合量では1日の摂取目安に換算などして表記から計算するなどをして選びましょう。
モリンガ茶の選び方で一番大きいポイントになるのが、海外から輸入されたモリンガの原料か国内栽培かという点もあります。

 

海外からの輸入品には菌や微生物がついていたりなど衛生面で問題のある商品もあります。

 

国内の製品は厳格な品質管理をしているので、そういったことはなく衛生面でも信頼出来ますが、モリンガ自体が元々北インドや東南アジアなど海外の植物です。なので、日本が栽培では向いている気候、土地とは言えず、成分の面で栄養不足気味と言えます。

 

モリンガ茶の選び方として、広告などではなく、口コミや評判を参考にして選ぶようにした方が良いようです。

 

モリンガを選ぶ際の注意事項は幾つかあり、幾つか挙げると広告が盛んな物やタレント、有名選手が愛飲していると記載しているモリンガ茶などだそうです。
タレントや有名選手を使うことで、広告宣伝に殆どの費用が費やされており購入を煽ったりすることで商品を売ることに専念していて質の低いモリンガ茶を製造している可能性があるようです。

 

次に、やたらとモリンガの成分が多く含まれていることをアピールしている商品にも注意が必要です。
葉を直接摂ることとお茶として飲むことでの成分が違うにも関わらず、葉の成分表示をして含有量を多く見せかけているショップがあります。本
製品の分析をしていないショップがあるので、しっかり確認してからの購入をおすすめします。

 

薬事法などの理由から効果、効能の表記の目立つショップにも注意が必要です。
花粉症が治った!とか血圧が下がった!などモリンガに限らず、健康食品全般は効果や効能の記述は薬事法により禁止されています。
モリンガの説明や成分の説明よりも効果、効能の表記ばかりが目立つサイトやショップでの購入には注意が必要です。