食物から摂取する必要がある必須アミノ酸を含む植物です。

MENU

モリンガに含まるアミノ酸

アミノ酸は体内の数多くの機能を補っている人間が生命を維持する為に不可欠な栄養素の一つです。

 

アミノ酸は、タンパク質の構成要素であるとともに、ビタミンの一種であるナイアシン、交感神経に影響を及ぼすアドレナリンなどを作り出す働きもします。

 

アミノ酸が不足すると、

  • 筋力が低下する
  • 体力が落ちる
  • ホルモンバランスが乱れる
  • 動脈硬化を起こしやすくなる

などの様々な体の不調がおこり、
免疫力の現象によってあらゆる病気にかかりやすくなってしまいます。

 

特に、成長期の子供にとっては、順調な成長を助ける働きをするので非常に大切な栄養素です。

 

 

アミノ酸は食物の味をおいしくする働きもします

 

  • グルタミン酸やアスパラギン酸は旨みと酸味を
  • グリシンやアラニンなど6種類のアミノ酸は甘味を
  • フェニルアラニン、チロシンなど8種類のアミノ酸は苦味の効果

があり、それぞれのアミノ酸が混ざり合うことで、食物の味がおいしくなっているのです。

 

人間の身体のうち、60パーセントから70パーセントを占めるのは水分で、残りの水分以外の成分のうちの半分以上が20種類のアミノ酸からできている成分です。

 

アミノ酸は、地球上に約500種類あると言われていますが、人間は食物からたんぱく質を摂取すると、そのたんぱく質をバリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、グルタミン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギン、グリシン、セリンという20種類のアミノ酸に分解し、体内で再度たんぱく質に変化させて吸収します。

 

20種類のうち、バリン、リジン、ヒスチジン、ロイシン、メチオニン、トリプトファン、酢レオ人、フェニルアラニン、イソロイシンの9種類のアミノ酸は、体内で作り出すことのできないアミノ酸で、食物から摂取する必要がある為、必須アミノ酸と呼ばれています。

 

体内のあるすべてのタンパク質は毎日合成され、食物から摂取したタンパク質はアミノ酸に分解され、タンパク質として吸収され続けています。

 

その為、必須アミノ酸は毎日摂取する必要があります