モリンガが生命の木と呼ばれる理由を探ってみましょう

MENU

モリンガについて

モリンガとは、生命の木と呼ばれる植物で、インド、東南アジアではおなじみの植物です。
その豊富な栄養や、効能で近年注目を浴びています。

 

モリンガとは

モリンガとは、熱帯、亜熱帯地帯に栽培されている植物で日本ではわさびの木と言われています。
インド、アフリカ、東南アジアではおなじみの植物で、現地の料理の食材としても定着しているようです。
その葉は野菜のように食べらえており現地の市場などでも購入することが可能です。

モリンガの効能・効果はこちら

 

モリンガの木バナー

別名生命の木、緑のミルク等の呼び名があるように、
豊富な栄養素で古来から生薬のように利用されています。

 

インドでは、アールユベーダでも有益な植物の一つとして300の病気を予防できると考えられています。
カレーなどにもスパイスの一つとして、モリンガの根は使われています。

インドにおいてのモリンガの利用用途

 

モリンガの根は、朝鮮人参の様な太い根をもっており水を貯えわさびのような味がします。
種からは良質な油がとれ食用や香水、高級化粧品につかわれたり、時計の機械オイルに使われます。

 

種はそのままカラの中の白い所を食べたりすることもされているようです。
体内のデトックス効果があり、そのために水も同時に多く摂ると、体内の浄化作用があると言われています。

 

さやも野菜のように食べることが出来ます、また乾燥させるとお茶として飲むことが出来ます。
葉は野菜として、食用にされ、乾燥するとお茶になります。家畜飼料としても使われています。
花は芳香があり、庭にもうえられています。花は乾燥させて、花茶として飲むことも出来ます。

 

まさに生命の木の名前のように、捨てるところのない植物です。

 

一年で5m位にも成長し、近年は日本でも、沖縄や、天草地方等で栽培されるようになりました。

 

 

 

モリンガが注目されるようになった理由

 

近年モリンガが注目されるようになった大きな理由はその豊富な栄養素です。
現代人の生活では食生活の乱れや、食品添加物、大気汚染、ストレスなどから多くの栄養素の不足が起っています。

 

モリンガは、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールを多く含み、健康ブームからすべての条件を満たす健康補助食品として、サプリや、パウダーが販売されています。

モリンガサプリ画像

 

特にダイエットをするときに、不足する栄養補給のサプリとして良く使われています。

 

また、精力剤としての効能もあるということからペニス増大にお悩みの方も、おすすめです。

 

その豊富な栄養は、食糧危機に対する国連の食糧計画の一つに組み込まれるほど、認められています。

 

ただし妊娠中には流産の危険があることから控えるようにします。
授乳期に於いては、質の良い母乳が良く出る効果があります。

 

 

モリンガの環境改善効果

モリンガはその栄養成分も注目されていますが環境改善効果も、非常に優れています。

 

地球の温暖化の原因の二酸化炭素を吸収する力が非常に高く注目されています。
モリンガの成長はとても早く、多くの広葉樹が二酸化炭素を吸収できるように成長するまでに数十年かかるのに対し、2年で驚くべき量の二酸化壇素を吸収します。

 

モリンガの2年木は、1本で年に240kgの二酸化炭素を吸収します。
一般的な広葉樹は、10年以上の木で年間12kgの二酸化炭素しか吸収する能力しかありません。

 

モリンガは、20倍の二酸化炭素吸収力があるということになります。

 

根は土に含まれる重金属の浄化作用があります。

 

種子からオイルを取った残りの搾りかすは、多くのたんぱく質を含み異物を吸着することで塊となって沈殿し、汚染水の浄化作用があります。

 

この沈殿した塊は有機肥料となります。
この汚水の浄化力から、上水道などの、水の浄化設備投資に充分な資金がないなどの
発展途上国の浄水問題の解決策として研究がすすめられています。

 

葉は、土壌改良材として使われています。